ボランティア

コンテンツ

HOME | ボランティア活動

社会貢献活動

支援、ボランティア
障害者施設へ寄付
山岳民族へ寄付
孤児院へ寄付
日本からの支援品

バーン・チェンマイは、その売上げの一部でチェンマイの各種施設や子供達などに支援(寄付)活動を行っています。お陰様で観光のアテンドをさせて頂いた方々などから「支援品(寄付品)」や「募金」を頂ける事が多くなりました。このページでは、現在までの活動内容などをご覧頂けます。今後も『小さな支援から、タイの子供達の未来を大きく変えよう!』をスローガンに、更なるご支援の輪が広がっていくことを願っております。

◆事務局や事務局員を持ちません!

私達はこの社会貢献活動(ボランティア)に関して、日本やタイで家賃の掛かる「事務局」を持ったり、人件費の掛かる「事務局員」を雇用したりしておりません。理由は経費が掛かるからです。皆様からのお気持ちを全て現地に届ける為に、人件費や使途不明経費に使うことはありません。
 
 

活動内容の一部をご紹介(リンク)

活動の始まり(大学時代の同級生から日本に届いた一通のメール)
清掃ボランティア(ワット・プラタート・ドイ・ステープの参道のゴミ拾い)
日本の小学校から①(静岡県の小学校から寄附品を頂きました)
日本の小学校から②
タイ人の誕生日(孤児院でおやつを配りました)
集まった寄附品①(日本で集めてくれた子供服)
集まった寄附品②(ありがとうございます)
「孤独死」への寄附(身寄りが居ない、貧困で葬儀が出来ない、を受け入れる寺院)
初めての募金活動(集まった寄附品をチェンマイまで届ける為の送料をお願いしております)
オムコイの学校訪問①(オムコイ ホヮイワイ学校までの道のり)
オムコイの学校訪問②(なんとか無事に到着)
オムコイの学校訪問③(翌日の給食作り)
オムコイの学校訪問④(2日目の午前)
オムコイの学校訪問⑤(初めてのカレー)
オムコイの学校訪問⑥(村のタンパク源)
オムコイの学校訪問⑦(2日目の午後)
オムコイの学校訪問⑧(生徒の家に訪問)
オムコイの学校訪問⑨(お別れの朝)
今年も頂きました2015(静岡県の小学校から今年も)
オムコイの山火事(あの子供達の住む村が…)
施設で夕食作り(エビの天ぷら)
皆様からの寄付金で(バーン・デック・ディー)
皆様からの寄付金で(ワット・ドンチャンズ・スクール)
施設で夕食作り(カレー&コロッケ)
障害者施設に寄付

ブログのバナー
 
  
タイ古式マッサージスクール